您现在的位置:首页 > 分期目录 > 2015年 > 第2期 【关闭本页】
 
日本語要約
作者:日本学刊    时间:2015-03-30 17:00

平成日本学

劉  暁峰

  現代の日本史研究では、時代史の観点から見て、平成時代を一つの独立した歴史時期と見なすべきである。この時代区分は、最大限まで近付いて時代を観察するという要求を満たすのみならず、現代の日本社会の歴史的発展に内在する法則にも合致している。平成時代、冷戦が終焉を向かえ、バブルが崩壊し、また東アジア地域の現代化が急速に進んだ。こうしたしい歴史的条件を背に発展した平成時代の日本社会では、一連のたな化や特徴が表れた。また、第二次世界大戦後の昭和時代後期の発展の中で、日本社会は諸々の成功験をもとに、現代社会に内在する秩序(本文ではこれを型と称す)を手に入れた。平成時代、数多くのたな圧力に直面し、もはや現社会の発展に適できずに絶えず分裂が起こるなかで、圧力と型の破壊が、平成時代における日本社会の歴史的発展に内在する基調となっている。このような時代区分にして提唱された平成日本学は、学術のたな土台である。この土台を基礎として、学際的な研究を進めることにより、現代日本の政治·及び文化を多角的·多層的に、合的な分析をするたな枠組みを構築することができるだろう。

日本「総保守化」の選挙制度の要因についての試論

呂  耀東

  古い保守政党自民党の「一党優位」は「小選挙区比例代表並立制」のうちの「小選挙区」の優勢な制度保障にある。自民党は国会選挙によって勢力が大幅に増加したため、歴史修正主義及び憲法改正の意図が顕在化しつつある。新型保守政党民主党の政策「自民党化」、公明党の与党化、維新会と次世代の党などの右翼政党の躍進、日本政界の「総保守化」傾向の増強も当然である。社民党、共産党などの革新的政党の議席の急減に伴い、日本政治右傾化への制約力をほぼ失っている。その内因からみると、日本現在の選挙制度が客観的に伝統的革新政党及び野党を弱化、保守政党を壮大し、日本政党政治生態を構造的に変化させているため、日本政界の「総保守化」を常態化させるようになっている。

日本の国家安全戦略選択への政治経済的分析

——勢力均衡理論をもとに——

崔 

日本は長期にわたって経済力で国家の安全を維持してきたので、勢力均衡理論によって日本の国家安全保障戦略を分析する際には、経済的要因を無視してはいけない。戦後の各時期において、日本の国家安全保障戦略では、経済的要因が重要な役割を果たしてきた。経済バランスもユニラテラルシステムにおいて日本の安全保障戦略の両面性を表現している。と同時に、日本が国家安全保障戦略を実施する際には、経済安全保障を維持する経済的手段も重要な役割を果たしてきた。現在、日本の国家安全保障戦略の変化の大部分は中国を目標とするので、勢力均衡理論の枠組みのもと、経済的要因を考慮に入れて日本の国家安全保障戦略に詳細な分析を加えることは、中国に数多い啓示をもたらすことができる。

日本における消費税率引上げの経済効果分析

金  仁淑

急激に増加している社会的な扶養負担を解決し、デフレ脱却と経済再生を求める手段として、日本の消費税はゼロから出発して三度の増税改革を経験した。しかしながら、前二回消費税改革の経済効果検討については、短期的には消費伸び、経済成長を引き上げる役割を果たしているが、中長期的には、実質消費が落ち込み、経済不況、財政悪化などの深刻な結果を持つ。消費税率引上げの根本的な原因は、日本政治、経済、財政及び社会的深層な構造的矛盾である。だから、安倍政府の消費税率引上げ政策は、デフレ脱却、財源危機の改善、経済成長率の押し上げ対策にはなりえない。かえって、経済構造改革を加速し、生産性の向上、差別化戦略措置を講ずることなどで、消費税率引上げの積極な効果を発揮し、財政健全化目標達成に寄与する。

アベノミクスの構造改革について

陳  友駿

バブル経済が崩壊した以降、日本経済の回復を実現するため、構造改革が有効な処方と見なされている。そして、2012年末から発足した安倍内閣も、同様に構造改革の重要性を意識し、また、経済構造改革と制度構造改革と二つの部分から統合的に構造改革の関連措置を実施しようと考えた。それについて、成功した部分もあるにもかかわらず、政策そのものに欠陥もあり、伝統的な政治経済運営システムに制約を受けるので、結局「安倍経済学」の構造改革が予期の効果を収められなかった。さらに、「アベノミクス」の構造改革の失敗から見ると、日本経済のなかには、政策の「妥協性」と市場の「有限性」などの構造的欠陥も依然として存在している。

日本対外直接投資ネットワーク化の発展及び啓示

蘇  杭

グローバルバリューチェーンの発展によって、製品の生産は一つの国から世界に転換される。もともと分けられている地域の生産ネットワークはグローバル生産ネットワークにリンクされている。この背景の下で、日本の対外直接投資規模と分野に突破を実現した。企業レベルで、日本企業の海外現地法人に伴って仕入れ-販売モデルの変化によって、日本の対外直接投資ネットワーク化発展状況る見込みである。現在、中国はまさに対外直接投資の急速な発展の時期において、日本の経験参考して、対外直接投資を通じて産業優位をき、現地化を推進し、地域の生産ネットワークを積極的に組み込む必要があるであろう。

日本占領初期における沖縄での統治方法研究

李  若愚

武力で琉球を併呑することにより日本近代領土拡張との幕が明いた。琉球処分のみならず、その後の沖縄人への搾取や抑圧にも、琉球併呑の違法性を見ることができる。政治史の観点から見れば、日本占領後の政策研究を通し、一層深く日本の植民地統治手段を理解できるではないか。本土の法律に縛られず、恣意に沖縄に搾り取るように、日本植民者は「旧慣温存」との統治方法は施行した。つまり琉球王国時代の封建習慣を近代化へのクッションとして使うことである。「旧慣温存」には、日本対沖縄の植民統治の正体が現われてきた。日本対沖縄の植民統治自体は、まさしく「国民統一」が日本対外侵略の発足だ、との証拠である。

 

中日文化交流史研究の回顧と展望

―俯瞰的学術史の試み―

劉  岳兵

中日文化交流史は、一つの学際的研究分野として、民国時代以降、豊富な成果と大きな進歩を実現してきた。この分野の研究成果を系統的に学術史的に整理することは、この学科の新しい発展に促うことに重要な理論的意義と現実的価値があると思う。本文は中日文化交流史研究の概念と方法、特にこの分野の研究現状と課題について詳しく分析してまとめ、具体的事例で本学科における学術と政治との関係などの関係を如何に処理するべきことが大切であることを説明した。この学科の展望に、史料の整理と史実の発掘と究明しりことが目の前の急務であること強調した。

 
您是本站第 位访客
版权所有 日本学刊杂志社
 
 
地址:北京市东城区张自忠路3号东院
邮政编码:100007
电话:(010)64039045
传真:(010)64014022 64039045
国内订阅:全国各地邮局
国外代号:BM911